スピリチュアルケアスペシャリスト講座

LOVE-based Medicine=LBM

(愛に基づいて成る医療)を

実践するために不可欠な方法論

それが,スピリチュアルケアである。

医療福祉スピリチュアルケア・スペシャリスト養成講座

1期生募集中!

※【医療福祉スピリチュアルケアスペシャリスト】は、資格化を検討している最先端のケアです。

WHO(世界保健機関)が”、

健康の概念”について

身体的、精神的、社会的、

魂的(スピリチュアル)

安寧であること、と

定義しようと働きかけてから

17年が経ちましたが



まだまだ日本の医療福祉の中では

こころのケア

(特にその中でも

心の深い部分を支える

スピリチュアルケア)は

定着していません。



スピリチュアルケアは、宗教的なケア、

亡くなる方に必要な緩和ケアのひとつ、

ベテランの看護師にしかできない、

専門知識技術がないと無理、

善き人間性を持ち合わせていない人には

できない、などと

かたよった見方をされていますが、

本来は違うのです。



専門職である私たちの方から積極的に

心・ハートを開いて、

愛を持って相手に関わっていく、

ケアをおこなっていく、

相手の方のお心に沿ってゆく、

交わってゆく、

お互いに愛し愛される、

慈しみ慈しんでいただく、

生きがいや生きる意味を

一緒に感じていく、

心の交流をしながら、

相手の方々がより幸せな方向を見つけ、

そのことで

心(表面から深層まで)の健康を得ていく、

保っていく、

より健康になっていく、etc・・



上記のようなこと含みながら

それらすべてを相互作用として

援助の一環としておこなうことを



スピリチュアルケアと私は呼んでいます。



言い換えれば

「スピリチュアルケアとは、

人の幸福感の向上に

働きかけていくケアであり、

LOVE-based Medicine

(愛に基づいて成る医療)の

方法論の究極である」と

言えるでしょう。



医療福祉現場では

患者様、利用者様、住民の方々、

クライアントに対する

心のケアや魂レベルのケア、

死にゆく方々へのケアを行える

専門家が切実に求められています。



人は、どんなに身体が健康に

近づいても心が回復してこなければ

真に健康であるとはいえません。

そのことに私たち日本人も、

もう一度気づき始めたからではないかと

思っています。



(昔、西洋医学至上主義になる前には

日本人はとっくに

気づいていたのです。

ですから看護の”看”の字は”みる”と読んで

手をあてて病の床にある人々をみる、

心身の世話をする、癒すという意味を

持っています。それこそが

スピリチュアルケアなのです。)



この告知が目にとまったあなたは

すでに

どちらかの医療・福祉施設において

身体的・肉体レベルでのケアや

社会・環境的レベルでの

支援、援助は行ってきていらっしゃる

プロフェッショナルに違いありません。


しかし、あなたの心の中に

(以前の私自身がそうだったように)

もう一歩、自分自身の

「プロとしての学びを深めたい」

「もっと患者様や利用者様、

住民の心に寄り添えるには

一体自分はどうしたらいいのだろうか」と、

向上心が生まれて

いるのではないでしょうか?


日本の医療保健福祉現場には、

心のケア、特に心の奥底

(魂、スピリチュアリティ)に触れるような

深い部分にまで届くケアが

まだ浸透していません。



必要なのにもかかわらず、です。



看護・医療・福祉・保健職の

従事者たち自身も

「心のケアは必要不可欠なことは

感じている。おこなって差し上げたい

気持ちは十分にあるけれど、

そこまでの余裕がない、技術もない、

どう関わったらよいかわからない、

介入するのはおこがましいのでは

ないだろうか」などなど悩んでいる

現状もあります。


もしも、あなたが

出産や病気やけがの入院で

長期に病院にお世話になった

ことがあるのでしたら、

きっとおわかりになると思います。


人間は身体が弱れば、心も弱る、

心が弱る状況が長く続けば

魂(スピリチュアリティ)の領域まで

弱ってしまうということを。

だから、身体のケアと同時に、

本来は心の奥底までのケアも

必要だということを。


あなたに朗報です。


そのような方々が看護・保健・福祉・

医療福祉教育の現場で

一番学びたかったことがここにあります。


ここで学べる

実践的なスピリチュアルケアというものは

国が承認する免許や、

有名な認定協会の資格ではありませんが

何より、あなた自身の

毎日の幸せに役立ち、あなたの目の前の

ご家族や仕事場の仲間との

人間関係にも活かせ、

そして、あなたの患者様、利用者様、

住民の方々を支えて

差し上げるためにも使えるものです。


あなたがクライアントとしている

たくさんの方々の

幸せの質と量

(二つのQOH

Quality and Quantity of Happiness)

高めることに貢献してゆけるのです。


愛に基づいて成る医療

(LBM:LOVE-based Medicine)を

真に実践する方法論を

手に入れることができるのです。


あなたの職場で

あなたのキャリアビジョンとして

あなたが目指してきた

目の前の相手の方と

心の奥底から通じ合えるケアを

提供できる自分になりませんか?


本当にやりたかったケアを

実現したくはないですか?


本講座では

東京大学大学院医学系研究科

グローバルリーダーシッププログラム

を修了し、現役看護大学准教授で

海外の医学部看護学部保健学部でも

客員講師を務める齋藤(岸田)敦子が

メインで講義を担当します。


スピリチュアルケアを大学や

講演会で教えてきた専門家である私が

必要性を強く感じたため

自らの手で

スピリチュアルケアを実践する後継者を

育てる、という

ビジョンを叶えることにしました。


今回はその第一期生を募集したいのです。

いつか近いうちにこのコースを

協会の資格認定にしたいとも考えており

第一期生、二期生から次々と

講師になってほしいとも

イメージしています。


早い段階で私が取り組んでいる全国での

いのちと性の授業も

卒業講師を派遣したいとも

考えています。


コースの内容を説明します。


月に1回は講義を受講していただき

月に1回は私が開催する他のセミナーに

まずはご自分自身を癒すために

参加していただくシステムにします。


スピリチュアルケアを行う専門家は

まずは自身の心、魂を整え

自らが幸せを選択して生きる必要が

あるため、受講生にはまずはご自分と

向き合う、という時間も

とっていただきます。


その他、適宜オムニバスで

私とは異なる手法を用いて

スピリチュアルケアを行う

専門家をお呼びし授業を行う予定です。


詳細、タイムスケジュールは

以下の通りです。


平成29年1月14日開校


1月14日

①オリエンテーション

一回目講義 スピリチュアルケアとは

(概論、世界と日本の潮流、本講座における定義)

②セミナー参加(自分自身を癒す)


2月11日

①2回目講義 スピリチュアルケアの実際1

(臨床心理学的手法

(認知行動療法、論理療法など))

②セミナー参加(自分自身を癒す)


3月18日

3回目講義 スピリチュアルケアの実際2

(スピリチュアル心理学的手法

(愛、幸せ、生きがい、ウェルネス、

感情を分かち合うこと、心をかよわせること、

生きる意味、魂の目的、いのち、

性、についてなど)

セミナー参加(自分自身を癒す)


4月8日

①4回目講義 スピリチュアルケア演習1

(臨床心理学的手法をグループワークで演習する)

②セミナー参加(自分自身を癒す)


5月13日

①5回目講義 スピリチュアルケア演習2

(スピリチュアル心理学を

グループワークで演習する)

②セミナー参加(自分自身を癒す)


6月17日

①6回目講義 スピリチュアルケア演習3

(ロールプレイなどで実践演習する)

②セミナー参加(自分自身を癒す)


7月22日

①7回目講義 スピリチュアルケア演習4

(その他のスピリチュアルケアを学び、演習する)

②セミナー参加(ファシリテーション)


8月19日

①8回目講義 スピリチュアルケア演習5

(その他のスピリチュアルケアを学び、演習する)

②セミナー参加(ファシリテーション)


9月9日

①9回目講義 スピリチュアルケア演習6

(その他のスピリチュアルケアを学び、

演習する)

②セミナー参加(ファシリテーション)


10月14日

①10回目講義 スピリチュアルケア演習7

(今までの講義のまとめ、演習総まとめ)

②セミナー参加(ファシリテーション)


11月11日

①11回目講義

スピリチュアルケア発表会

②セミナー(ファシリテーション)


12月17日

①12回目講義

スピリチュアルケア発表会&修了式

②セミナー開催(12月18日)


*修了後講師養成コースに進む方は

平成30年1月からスタートします。


費用

①1年コース 総講義回数24回 

48万円【早期申込入金割引は終了しました。】

②いのちと性の授業講演講師

養成コース(※1年コース卒業生対象

 平成30年1月開講半年コース 

総講義回数3回 

実践演習(いのちの授業開催1回)

 22万円

【早期申込入金割引:19万円 

平成29年11月19日まで】

※どちらのコースも、ご入金いただきました受講費は、いかなる理由があってもご返金いたしかねます。ご了承ください。


定員:10名【お申し込み順に10名で1期生は締めます】


於:大宮駅(さいたま市)近セミナールーム

他 都内貸会議室を予定


お申込みは→http://form1.fc2.com/form/?id=aa1d9873bb61facf

ご相談、ご質問などはこちらから→http://form1.fc2.com/form/?id=366ecf7c803cb975